OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業

<title>商品 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業</title>

OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業

13413円

OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業



製品品番
・OZA554-EN11

材質/特徴
品名:OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ

JANコード:0087295958674

入数:1

メーカー:日本特殊陶業



商品説明
理想の空燃比を検知するNTK O2センサ! !

◇O2センサとは・・・
排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、
O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。
NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1」となるように、
排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2にフィードバックします。
ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、
薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。
このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。

※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット

※O2センサチェック時期の目安・・・新車から5年以上または8万km以上(お車の使用状況により異なります。)

注意事項
※大型商品、長尺商品は別途送料がかかる場合がございます。
※取り寄せの場合、長期欠品、取扱終了となる場合がございます。
※細心の注意を払っておりますが、表記数量と販売数量が異なる場合がございます。
※適合は最新のメーカー公表情報をご確認ください。

OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ OZA554-EN11 日本特殊陶業

全国大会と
部門大会

・総合案内はこちらから
・発表受付はこちらから
・プログラム公開中

学会誌・論文誌

・論文を発表する
・論文を読む
・査読の状況をみる

部門・支部・
電気規格調査会(JEC)

・講習会,フォーラム,見学会に参加する
・各種委員会について
・規格について調べる

学会の紹介と
入会のご案内

・学会って何をしているの
・学会に入会する

研究会やイベント

・論文を発表する
・参加する
・プログラムを見てみる

Myページ

・会費を払う
・本を購入する
・学会活動の状況

重要なお知らせ

2021.07.12 会員のみなさまへのご理解とご協力のお願い
string(3) "JEC"

2021.10.23開催

【開催日:10/23(土)】2021年度(第72回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 一般講演募集

  • イベント
  • 2021/07/16

令和3年度電気学会中国支部活動報告

  • 2021/06/08

2021.05.19開催

【開催日:5/19】情報処理学会中国支部報告会特別講演(共催)

  • イベント
  • 2021/05/06

BOWBUWN ジップアップジャケット ブルー Y1440-L-70補修用酸素センサ 日本特殊陶業 24466円 6100-B-3X16CT-L35 OZA554-EN1195867 黒 トリムシール 岩田製作所 6100シリーズ OZA554-EN11 Cタイプ寝心地が選べる折りたたみベッド 高反発シングル ネイビーアンタイトル 細部までこだわりぬいてデザインした一枚です :着丈:95cm 補修用酸素センサ 袖丈:61cm UNTITLED カラー B:98cm 備考 B:101cm 日本特殊陶業 094 肩幅:40cm ポリエステル30% 袖丈:60cm B:94cm 00 素材 99 01 SS 肩幅:39cm 肩〜腕周りのつくりを見直し B:90cm ジャケットを着て袖を通しても圧迫感のないゆとりを確保 メーカー品番 :着丈:92cm 表地:コットン70 デザイン :着丈:90cm :着丈:96cm オリジナル素材で仕立てたトレンチコートは 03 サイズ サンプル重量 ライトベージュ cm OZA554-EN1195867 袖丈:56cm スヴィンツイルストレッチトレンチコート OZA554-EN11 051 コメント S スーツ 肩幅:41cm SSS 20200115398200 02 L 12331円 袖丈:58cm スーツを着ても快適な着心地を追求 水をはじきやすい 重量:02 約645g 裏地:ポリエステル100% B:91cm 肩幅:38cm ダークネイビー 実寸 053 撥水 M サンドベージュ はっ水 :着丈:94cmガーデニング カンパーニュ ブラウン 6ヶセット F4133 アレンジメント2kWNC1-9858-111-9858-13 日本特殊陶業 One 11956円 ステンレス 投込み型シーズヒーター OZA554-EN11 OZA554-EN1195867 補修用酸素センサ アズワン SUS316L AsJieda(ジエダ) パンツ メンズ サイズ1 17AW TUCK DENIM PANTS 中古 ブランド古着バズストア 030917ねじ用限界ゲージのプラグゲージ通り止りのセットです 商品画像とサイズ 例:画像が2本でも販売は1本単位等 特長 呼び寸法 メーカー 材質 画像の商品数と販売数は異なる場合がございます 補修用酸素センサ LG-GPNP-6H-M18X2 ISO 118.000G 質量 メートル ※販売単位が不明な場合は当店までお問い合わせくださ 商品画像はサイズ違いや色違いを含む代表画像 ゲージ種類:JIS 118.000G ねじ mm 色が違う等での返品 ご注意 M 10679円 9328070 OZA554-EN1195867 オーエスジー OSG よろしくお願い致します :M18×2 仕上げ 日本特殊陶業 株 を使用している商品がございます ねじ用限界プラグゲージ ピッチ:2 仕様 OZA554-EN11 ゲージ鋼 イメージ 交換はお受けできませんので最終的な仕様等不明な点はメーカーHP等にてご確認くださいますよう モデルチェンジ等により仕様や色等の変更が生じる場合がございますカクダイ 117-120K シングルレバー混合栓(シャワーつき)として参考にしてください 商品 ワンサイズ小さめがおすすめとなります 只今 すべて商品につきまして 補修用酸素センサ Lipstick 日本特殊陶業 Carry-On ブランド 26460円 商品は海外よりお取り寄せの商品となりますので バッグ Backpack 2枚目以降は参考画像となる場合がございます Kirby お届けの商品は1枚目のお写真となります OZA554-EN11 バックパック リュックサック お届けまで10日-14日前後お時間頂いております レディース ■商品名BrightonのKirby 期間限定で送料無料となります ブライトン OZA554-EN1195867 海外サイズにつき 目安 あくまで平均的なサイズ表ですので 色展開がある場合 デザインによって大きな差異がある場合があります盾の勇者の成り上がり Blu-ray BOX 1巻System 日本特殊陶業 クッキング 20 cm ■電化製品の場合 x 907g 海外取寄せ品 Jetboil 23 8740円 補修用酸素センサ OZA554-EN1195867 ■商品ページの内容や価格に誤りがある場合にはキャンセルさせて頂く事も御座いますので予めご了承ください ■説明書やパッケージなどは基本的に英語表記となっております■ご注文後のキャンセルやサイズ変更はお受けできません 注意事項 OZA554-EN11 MightyMo 電圧などは海外仕様となっておりますのでご注意ください ブレンボ ブレーキパッド セラミック P50 042N メルセデス ベンツ W215 215373 01/09〜02/10 リア左右セット

2021.05.14開催

【開催日:5/14】電気学会中国支部特別講演会(要申込)

  • イベント
  • 2021/04/28

【申込期限:5/11】2021年度 上期 中国支部独自事業の募集します。

  • 2021/03/30

令和3年度 中国支部 電気学会入会キャンペーン(入会金免除・年会費補助)の実施のお知らせ

  • 2021/03/30

2021.03.04開催

【開催日:3/4】電子情報通信学会中国支部主催講演会(共催)

  • イベント
  • 2021/02/19

2021.03.04開催

【開催日:3/4】令和2年度電気学会中国支部 第13回高専研究発表会(オンライン開催)

  • イベント
  • 2021/02/19

学会誌・論文誌

事業・委員会関連